染織家 西川 はるえ の日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
機結び









茶話会まとめ


台風18号で大いにあたふたしていたあの日から1週間。。早いです。


twitterで茶話会の実況をしてくださった凡さんことめりーさんが
ご自分のブログでも話をまとめてくださっています。
あっちゃこっちゃと話が飛びまくっていたのを
ちゃんと受け止めて書いてくださっていて、本当にありがたいです。


私自身は撮り損ねてしまった、ネパール・カジャ(おやつ)の写真も
リンクしてくださってます。
ぜひぜひご覧ください!


迷った羊の話〜染織編〜
10月8日レポート・午後の部
http://295-nst.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-1609.html







工程&作品集


母屋サイト
「Process/工程」のページを作りました。
http://textile-cocoon.com/process.html

写真もない、文字だけの地味〜なページですが、
現時点での私の仕事の工程について書いてあります。
(霜月・手の仕事展での茶話会のために作った資料を使っています)



Works/作品集も新しいアドレスになりました。

Cocoon Works
http://works.textile-cocoon.com/

まだ2004年の途中までの写真ですが
これからおいおいアップしていく予定です。



----------------
追記)11/30

工程/Processのページに琉球藍染めの工程と写真をほんの少し追加しました。






ラックダイ、カテキューエキス、インド茜の染め方&サンプル


ラックダイ染サンプル
ラックダイ染 アロー糸



アロー糸/ヘンプ糸の
ラックダイ、カテキュー、インド茜での染め方と
色見本のサンプルを(ようやく!!)
ウェブショップにアップしました。
下記リンク↓よりどうぞ。


ラックダイ

カテキューエキス

インド茜




ミロバランについては
もう少々お待ちください、、





ソープナッツによるアロー糸の精錬
ソープナッツによるアロー糸の精錬



ソープナッツはネパールではリタ、
日本ではムクロジと呼ばれます。
果皮に天然のサポニン成分が多く含まれており、
お湯や水に果皮を入れてよく振ると細かい泡が立ち、
天然の石けんとして使用出来ます。
ネパールでは洗濯用や体や髪を洗う石けんとして、
古くから使われていたようです。


Cocoonでは、アローやヘンプの糸を
生成りで使う場合、ソープナッツで精錬しています。
(染色する場合は木灰汁を使っています。)





今回はアロー糸のカセ約500gをソープナッツのみで精錬します。



ソープナッツを用意します。
これで50g程あります。






ソープナッツの汚れをざっと洗い流してから
布袋に入れて縛ります。








袋に入れたソープナッツを
水に入れてかき混ぜます。
あっという間に泡立ちます







乾いた糸を入れて
暫く置いて糸と溶液をなじませてから
火にかけます。
水の量は糸の重さの20〜30倍程度です。







沸騰後、糸を繰り汚れの落ち具合を見ながら
だいたい1時間前後煮ます

(ソープナッツは数回使えます)




汚れが落ちたら、
糸を水洗、脱水して
干して乾燥させます。






ソープナッツの溶液をPH試験紙ではかってみましたが、
ほぼ中性のようです。
アローやヘンプ、木綿など植物性の繊維は
アルカリに強いので問題ありませんが、
ウールなどアルカリに弱いものの精錬にも
使えるのではないかと思います。
脂分も適度に残ると思いますし、
(私自身はまだ試していません、スミマセン)
よろしければぜひお試しください。