染織家 西川 はるえ の日記
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 十年ゴム消し | main | 結局 >>
ますます混迷
ネパール首相が辞任 共和制下初の政権崩壊
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009050401000316.html

 【カトマンズ4日共同】ネパール共産党毛沢東主義派出身のダハル首相が4日、辞任した。カタワル陸軍参謀長の解任をめぐり連立与党の離脱が相次いだためで、立憲君主制を廃止して連邦共和制に移行後、昨年8月に初めて発足した毛派中心の政権は8カ月余りで崩壊した。

 各政党は今後、新政権樹立のための多数派工作を繰り広げるとみられるが、毛派も街頭での抗議行動を実施すると表明しており、混乱が予想される。

 首相はテレビ演説で「内閣から辞任した」と発表。その後、大統領に辞表を提出した。

 ダハル政権は3日、毛派軍と政府軍の統合に反対してきたカタワル氏の解任を決定したが、毛派と連立を組む最大のパートナー、統一共産党などが連立政権内での合意が得られていないとして連立離脱を表明。ダハル政権は少数与党となった。

 ネパールでは1996年から約10年にわたり、毛派軍と政府軍が武装闘争を続け1万3000人以上の死者を出した。昨年4月の議会選で第1党となり政権の中心となった毛派は、毛派軍と政府軍の統合を推進。しかし、これに反対する勢力が根強く、毛派との対立の主な要因になっていた。

 首都カトマンズでは3日、参謀長解任に抗議する野党支持者らが街頭デモを実施した。

2009/05/05 00:38 【共同通信】




マオ派は野党になるってこと??

今までも政府、国は機能していたとは言えないだろうけど、
これで益々混乱が酷くなるってことかあ、、はああ〜、、



掃除して糸繰りしようっと、、





うーん、本当に先行きが不透明すぎて…。
運営資金を日本円が強いうちに現地通貨に換えるべきか
それとも、更なる混迷でルピーが暴落する可能性を先読みすべきか
経営を担当するものとしては、頭の痛い問題です。

がんばれー、ネパール!!
国民を幸せにする政治家が現れることを祈ります。
シンタ | 2009/05/05 13:19
どもー。このニュース、普通に新聞に載ってました。うむー、毛沢東派政権がアブナイっていう話は、ネパールにとっては明るいニュースなのかもしれませんよ。先行きはかなり不透明としても...
大体、聞いてる話では、毛派軍ってほとんどゲリラだったってコトでしたが...まあ、いずれにしてもネパールが中国化の方向に行かなくなる可能性のニュースは大歓迎です。
makoto | 2009/05/05 20:40
>シンタさん

送金のタイミングはほんっと悩みますよね!!

ネパールルピーはインドルピー1に対して1.6の
固定相場なので、ネパール情勢にいかんにかかわらず、
インド次第ではあるのですが、、

一時より対ドルで円安になって
げげげーーんと思っていましたが
米ドル対インドルピーでは
ルピーが弱くなっているようですし。。
円→ドル→ネパールルピーなので頭がこんがらがります(汗
今日のレートはちなみに1ルピー=1.24円ってことで
昨年暮とあまり変わりないみたいです。。。

せーじかのみなさまにおかれましては
ご自分の権力とか見栄とか保身とかかねもーけとかでなく
国益と一般国民の利益をぜひ第一に考えて
行動していただきたいですね、、どこの国でもっ!!


>makotoさん

毛派=チウゴク化、と思われがちなんですが、
そう単純なものでもないと思います。
少しでもチウゴク様の影響が減れば、
と願わずにはおれませんが
政治の混乱、空白があればそれこそ
あちら様の思うつぼかもしれません。
今回の情勢が歓迎出来るかどうかといえば
残念ながら怪しいところかと思います、
私もネパール政治に精通しているわけではないので
いい加減な意見ではありますが。

マオイストはもともとゲリラですから、
マオ軍はもともとは人民解放軍というゲリラ軍です。
つまりネパール国軍とマオ軍はついこの前まで
戦っていたわけです。

とにかく昨年4月ようやく、よーーうやく
選挙が行われ、制憲議会が始まったというのに
いっこうに議会は進まず、、、で、また更なる混乱。
因果なことであります。。(涙

おはる | 2009/05/05 21:58
>ネパールルピーはインドルピー1に対して1.6の固定相場なので

↑そう思ってますよね?ってか、そうであるはずなのですが
3月に現地で驚いたのは、スーパーなんかが
インド製品を勝手にIRp×1.6の固定相場以上の値をつけて売っている事!!
ひどいところは、×2。
どないやねーーん!!
以前は絶対、こんなことありえなかったのに…。

ネパール経済が混迷した時、通貨量の増大によるインフレが起きたら
(って、いつまでドルが基軸通貨でいられるのかも、問題ですね。)
ネパールルピーを固定相場でインドも換金してくれなくなって
通貨としての信用ががた落ちし、結局、ネパールルピーが廃貨同然になって
その弱みに付け込んで、中国に乗っ取られるんじゃなかろうか…
と心配です。

チベット本土からの撤退も苦渋の決断なのに
ネパールからの撤退なんて、考えたくないです〜。
シンタ | 2009/05/05 23:07
シンタさん

あまりネパールのスーパーというところで
買い物をしない上に
きっちりインドルピーの値段を見て計算を
していなかったのですが(お恥ずかしい)
小売店でのインド製品の販売価格が
以前はきっちりインドルピーx1、6だったのですか?
それでペイ出来てたのかしらん。。

インド製品はネパールに入る時に関税がかかるものも
ありますし。輸送費もかかるだろうし、、
2倍位になるのは致し方ない気も、
という私はネパールに甘過ぎでせうかっ(笑)



スーパーや小売店の商品はさておき、
銀行や両替屋でのレートは通貨市場と連動していますよね?
勿論きっかり1インドルピー=1.6ネパールルピーではなくて
売り買い等々で幅はあり、ですが。


インド様がネパールをチウゴク様に
みすみすぶんどられるようなことはしないことを
願っております。。

..というか、インドもネパールに
めちゃくちゃ介入しているわけで、、
中国とインド、どっちがマシか、
という選択肢しかないとしたら
大変悲しく腹立たしいことです。。
おはる | 2009/05/09 21:12
COMMENT









Trackback URL
http://blog.textile-cocoon.com/trackback/1151885
TRACKBACK