染織家 西川 はるえ の日記
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ついったー | main | 黒曜石 >>
湯のし


以前、仕立ての山本親方から
スチームのあて方のコツを教えていただき、
自分での仕上げもだいぶ良くなってきたかな、
と思いつつ限界も感じていました。

最後の仕上げまで自分でやることで
自分の手癖や糸の選び方の善し悪しなどよくわかるので、
本当は自分で完璧にこなせればいいのですが
時間と仕上がりの兼ね合いもあって悩むところだったのです。


横須賀市内で湯のしをやっているところがないか
調べてあちこちのお店に電話して、
ようやく外注ではなくご自分のところで
湯のしをしていらっしゃるお店に辿り着きました。
先週帯と染めた帯揚げを持って伺って
今日受け取りに行ってきました。
今回は機械湯のしではなく、昔ながらの手湯のしで。


やっぱり布の仕上がり、違います。
ぴしっと布目が整いつつ
ふっくらつやつやいい風合いに。


小物類の仕上げは自分でやるにしても
帯などはこれからもお願いしよう。