染織家 西川 はるえ の日記
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レシーバー | main | 秋夜の庭 >>
アローについて その3
ネパールのアローって何?とブログに書き始めながらも
すっかり止まってしまっていましたが、
....この夏が熱すぎたということで許してくださいっ(汗

気を取り直して、また書いていきます。
今までの記事はこちらです。

アローについてその1

アローについてその2

日本でのいらくさの利用




アロー(allo)はネパールでの呼び名です。
ネパールにはsisunu(シスヌ)と呼ばれるイラクサが数種ありますが、
その内の一種がALLO(アロー)と呼ばれます。
英名はHimalayan giant nettle といいます。
アローはイラクサ科の植物で、ラミー(Ramie)、苧麻(ちょま)の仲間です。


アローは主にネパール北部の標高1,200〜3,000mの高地に生える
巨大なイラクサ(ネトル/nettle)の一種で 高さは3m、
茎の直径は4cmにも育ち、葉、茎、花と全体に刺に覆われています。
12月頃緑色の小さな花を咲かせ、モンスーンの4月から6月に
種や多年生の根や茎から発芽します。

千年以上以前から、ヒマラヤ中部山岳地帯の民族、
マガール族、タマン族、グルン族、 そして特にライ族によって、
衣料、マット、袋、魚網、ロープ等そして食料に 必要とされてきました。




アローの収穫

土地ごとに多少の違いはあるようですが、
アローの収穫の様子は以下のようなものです。


収穫シーズンはモンスーンの終りの8月から花が咲く前の12月頃まで。
白くてよい品質の繊維はシーズンの最初に採れ、
標高の高いところのものほどよいと言われています。

収穫の時期には村から離れたアローの採取地に
男女が数日かけて採取に行きます。
成長した一番太い茎のみ
新たに発芽できるよう地面から15cm位残して切ります。
細い茎のものは種が出来るように残します。

採取者は茎を切り、葉やトゲを落とす時には
トゲから手を守るために手を布でまきつけて作業します。
そして歯と手足を使って外皮と繊維の層を内側の茎の部分から分け、
外皮と繊維の層を持ち帰り、内側の部分は捨てます。

1日に一人が収穫出来る量はだいたい1マウンド
(マウンドはポーターが背負う籠1杯の量の単位で約37.2kg)。
100gの生のアローの皮から採取出来る乾燥した繊維は最高でもたった5g程ですので
1日収穫した繊維から取れる繊維は2kgにも満たないことになります。


(参考資料:"Nepalese Textiles /Susi Dunsmore)




私が録った画像ではありませんが、繊維を採る様子が動画で見られます。
わかりやすいですね!




webshop COCOON
webshop COCOON
アローの糸や布はこちらから




JUGEMテーマ:着物 きもの




ネパールがらみ、織物がらみで、いつも興味深く拝見しています。

ご自分で染めから何からされているというおはるさん、ただただ尊敬するばかりです。

さて、何度か気になったことがあったので、コメントさせてくださいね。

Magar族、片仮名表記だと、マーガルというよりは、マガールまたはマガルが適当かな、と思いますがいかがでしょうか。

デバナガリ文字で書く場合、maのあとにアーカイルが入らないので、「マー」とはならず、どちらかというと「モ」に近い「マ」だと思うのですね。(Magaar)

その代り、gaの後にはアーカイルが入るので「ガ」というよりは「ガー」に近いかなと。

本当に本当に、あげあしを取るようなどうでもいいことですみません。

ブログの内容にも合わないかと思いますので、削除していただければと思います。

こんなことを書いてしまいましたが、このブログとおはるさんの生き方をひそかに尊敬していますので、これからも発信楽しみにしています。
neko | 2010/09/25 02:58
>nekoさま

いつもご覧くださって有り難うございます!

ご指摘有り難うございます、お恥ずかしい限りです。
また何かありましたらご遠慮なくご指摘いただけたら
有り難く存じます。
今後共どうぞよろしくお願いいたします〜!
おはる@Cocoon | 2010/09/25 07:12
西川さんはじめまして。

浜松市に住んでいます。
お財布や巾着をつくって生活しています。

6年ほど前にネパールに渡航し、alloらしきの手織りの敷物を手に入れました。
丈夫で、他に類を見ません。

大事に、その布も材料として使って残りわずかです。

そしてもう一度nepalに行ってみようと、決心しました。

今回の目的は
紡ぎから腰機を習いたいのです。
盛んな村を教えてもらえないでしょうか?


腰機から織りを勉強しようと思ってるんです。




yuri | 2011/03/01 12:04
yuriさま

はじめまして。
アローの布はとても魅力的ですよね!

残念ながら御質問にお答え出来る情報は
私も持っておりません。
お役に立てず申し訳ありません。

腰機で織ったネパール産のアロー布の
在庫はございます。
販売も可能ですのでよろしけばどうぞ!
おはる @Cocoon | 2011/03/01 12:18
アロー布の在庫をお持ちなんですね!!

一度Nepalにトライしてみます。

また、購入の際には連絡させたいただきます。




yuri | 2011/03/01 16:13
お返事遅くなり申し訳ありません。

在庫、自分でも使うので持っているのですが、
それほど量は多くないので
品切れの際はご容赦ください。

ネパール現地のアローの情報は
英語で検索すると色々出てくると思います。
いい出会いがありますように!


おはる@Cocoon | 2011/03/03 09:59
COMMENT









Trackback URL
http://blog.textile-cocoon.com/trackback/1268663
TRACKBACK