染織家 西川 はるえ の日記
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Textile COCOON facebookページ 始動しました | main | 秋月に雲、山桜 >>
第二回 仁平幸春の絵と星野道広の音楽展 - Deep Blue -
去る8月28日(日)東京、高田にある「学下コーヒー」さんで開催された
第二回 仁平幸春の紙の染額と星野道広の音楽展」へ。

染色家 仁平さんの制作した作品に
学下コーヒーのオーナーである星野さんが
音楽を選び、ぶつけ、共鳴させる、、
その空間を体験する会、といえばいいのでしょうか。



昨年8月の第一回からちょうど1年。
→前回の感想はこちら
仁平幸春の額作品と星野道広の音楽展

今回はどんな体験が待っているのか。。
期待して出かけて参りました!


Deep Blue というテーマの
仁平さんの作品は全部で9点。
ネパールの手透き紙に描かれ、
古い板に貼付けられた作品はどれも
『いわゆる』深い青-deep blue- だけでなく、
様々な階調の青で描かれていて、、
でもそこには正に「深い青」の世界が広がっているのでした。


そして、星野さん選曲の音楽が始まります。
前回と比べるとぐっと少ない5曲。


----

フーガの技法(Art of Fugue)より抜粋
 作曲:J.S.バッハ 演奏:グレン・グールド(org)


3つのジムノペディ
 作曲:エリック・サティ 演奏:ラインベルト・デ・レーウ(p)


無題
 作曲:ゲオルギー・グルジェフ 演奏:トーマス・ド・ハートマン(p)


マタイ受難曲より抜粋
 作曲:J.S.バッハ 指揮:ウィルレム・メンゲルベルク(p)


ゴルドベルク変奏曲より「アリア」
 作曲:J.S.バッハ 演奏:グレン・グールド(p)


----


音楽が始まるとその場の空気が驚くほど一変し、
仁平さんの青の世界と音楽が共鳴し出します。


ここからはまったくの私感です。


------


1曲目、バッハのフーガでは
一気に深い深い青い世界へ漂い、潜り、、
深海でしょうか、、
でも漂っているのは、潜っているのはいったい誰なのか?
自分とその青い世界の間の境界がとても曖昧で、
まるで自分がその漂っている空間、液体、そのものに
なっているかのようで。。。。


--


2曲目のサティ。
とてもおなじみの曲ですが、
こんなにゆっくりなジムノペディは
私は聞いたことがありませんでした。
(といっても、あ、これって
 ジムノペデイって曲名だったのね〜という程度の
 超クラシック音痴です。。。)

先ほどのバッハでは曖昧になってしまっていた
「観察者の私」がここでは戻ってきました。
跳ねたり、漂ったり、潜ったり、浮かんだり、、
それを眺めている「私」。
窓の外の風景を眺めているような不思議な距離、冷静さが
ありました。


--

3曲目のグルジェフ。
バッハ、サティでは
「液体」だった青い世界が
今度は「固い」質感を持って現れたので
ちょっと驚きました。
岩だったり、小石だったり、砂だったり。
青い城壁、岩壁を、うつむきながら
一歩一歩登っていく、、
登っているのは私、だったと思います。
青い月、星、深い青い空。

--


4曲目、再びバッハでマタイ受難曲。
今度は「光」がやってきました。
青く静かな光に満たされていきます。
また自分と世界との境界が曖昧になってきました..

--


5曲目、最後もバッハで「アリア」。
荒涼とした青い大地、孤独、風。
そこに静かに咲く一輪の花....




-------


メモも取らずに聞いていたのですが、
思い出しつつ書いていると
「体感」として蘇ってくる感覚があります。
不思議ですね。

頭で物語や情景を考えるというのではなく
「景色」「感覚」「情景」「感情」
それらが ぼん、とそのまま目の前に表出する、
といった感じなのです。


なんだか大変怪しい体験記のようですが(笑)
会はとても和やかな雰囲気で、
誰も「こう感じろ」「感じないと駄目だ」
などと強要する人はいません。

それぞれが思い思いにその体験を味わい、楽しむ。
でもそれぞれがバラバラなのではなく、
きっとどこかで繋がっている、という不思議な確信のようなもの。
こういうのを「宗教的体験」というのでしょうね、、
去年も書きましたが、
言葉にすると大変陳腐になってしまうのですが。



そして、音楽が終わり..
その後はまたまた超超お楽しみ!のお食事会。
仁平さんの手による「塩糀」を使った
鶏、豚、野菜、そしておにぎり。
仁平さんの奥さんの手作りのパン。
毎度のことですが、大変おいしく頂きました。



細部まですべてに気を配り、心を砕いて
最高のおもてなしをして下さった
仁平さん、仁平さんの奥さん、お弟子さんの甲斐凡子さん、
学下コーヒーの星野さん、ありがとうございました。
そして一緒にあの場を共有することが出来た
参加者のみなさんにも感謝です。




第3回めも楽しみにしています♪




=============


仁平さんの展示が東京と石川県とで開催されます。
お近くの方はぜひ!


「正倉院の夢展」〜つくり手とのいにしえの旅〜
2011年9月2日(金)〜9月11日(日)
10:00〜18:00 会期中無休

gallery 舟あそび
927-1233
石川県珠洲市若山町出田41-2
0768-82-3960
http://f-asobi.com/ 

詳細は
http://blog.foglia.jp/?p=10292



-染色技法による「絵」-

2011年9月3日(土)〜11日(日)
13:00〜16:00 会期中無休

麻布十番「さる山」 http://guillemets.net/
〒106-0046
東京都港区元麻布3-12-46
03-3401-5935
info@guillemets.net

詳細は
http://blog.foglia.jp/?p=10359


COMMENT









Trackback URL
http://blog.textile-cocoon.com/trackback/1268724
TRACKBACK