染織家 西川 はるえ の日記
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 帯の経糸(たていと) | main | 八寸名古屋帯「筏月」 >>
ヨーロッパの風景のなかの和服
ヨーロッパの風景の中にこれほど着物姿がしっくりと美しい...

いつもお世話になっている岐阜の呉服屋さん
きものギャラリー睦月の横山てる美さんがヨーロッパに旅行にいらした時、
ご主人がfacebookに横山さんのお着物姿をリアルタイムで上げて下さっているのを
興奮しながら拝見しておりました。
その姿はヨーロッパの町に、自然風景に、違和感なく溶け込みながら
凛とした美しさがありました。
それはいったいどうしてだったのか?
染色作家の 仁平幸春さんが写真と共にブログで解説して下さっています。
コメントも含めて、とても刺激的な内容になっていますのでぜひお読みください!
(西川の帯のことにも触れて下さっています、ありがとうございます!)


■染色作家 仁平幸春の覚書き■
「ヨーロッパの風景のなかの和服」

http://blog.foglia.jp/?p=12202









JUGEMテーマ:着物 きもの




COMMENT









Trackback URL
http://blog.textile-cocoon.com/trackback/1268788
TRACKBACK