染織家 西川 はるえ の日記
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【藍の色彩】展 iichi ギャラリーショップ鎌倉 | main | ヤブガラシの花 >>
明石縮のお着物と...
西川はるえ 作 名古屋帯


先週の木曜日のことになりますが、
八寸名古屋帯をオーダーメイドでお作りしたお客様と
鎌倉でデートして頂きました。
暑い真夏の陽射しの中、お着物でいらして下さって感激!


明石ちぢみの夏着物にCOCOONの臙脂藍格子織更紗帯。
水色から藤色のグラデーションの経絣が清涼感と同時に
女性らしい柔らかさ、クラシカルな雰囲気も感じさせてくれるお着物です。
反物に惚れてお作りになったそうですが、
あう帯がなくてなかなかお召しになれず、
今回このお着物もCOCOONの帯と共に初デビューでいらしたとのこと、
本当に嬉しかったです。


上の写真は【藍の色彩】展開催中の iichi 鎌倉店にて。
ちなみに展示は 8月18日(月)までです!
詳細はこちらから http://www.iichi.com/blog/2014/07/kamakura-dayori-vol4
 

西川はるえ 作 名古屋帯


自然光の下でも写真を撮らせて頂きました。
帯締めはお客様がご自身でカード織りで織られたもの。


今までどちらかというと渋い着物にあわせることを想定して
帯を織ることが多かったので、
こういう爽やかで女性らしい着物にあわせて作らせて頂けたこと、
新たな発見があり、とても勉強になりました。
実際にお召しのお姿を拝見し、
きものと帯がお互いに引き立て合っていて、ほっと安堵しました。
きものの取合せというのは洋服とは異なった文脈があり、
とても面白いですね。


K様、このたびは本当にありがとうございました!





JUGEMテーマ:着物 きもの


COMMENT









Trackback URL
http://blog.textile-cocoon.com/trackback/1268818
TRACKBACK