染織家 西川 はるえ の日記
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「インド カッチの布と暮らし 7名の職人を迎えて」 | main | 手描きジャワ更紗 reisia >>
「夏のほとり」


「このお着物にあわせた帯を西川さんに作って欲しいと思って」とお客様が見せて下さったのは松原利男さん作、本藍長板中形のめちゃくちゃ素晴らしい着物の画像。ワタシでよいのかしら、なんて内心ドキドキしながらうちの縞帳や今まで作った帯の画像を見ていただくと、ほとんどお客様は悩まれることなく、ある帯の画像を選ばれ「この藍の帯のイメージで」と即決されました。


自分のスタイルを持っているお洒落な方は、イメージが明確に「見えている」!それをリアルな形に落とし込み、さらにご期待以上のものを作ってお渡ししたい。作り手としては、ワクワクでもあり、ドキドキ怖くもあり…


そして、とうとう、そのイメージが、昨日、現実のものに。お客様が着姿をインスタにアップして下さいました。拝見して、ああよかった、ちゃんと出来ていた、、と心からの安堵。 


帯の銘は「夏のほとり」。

お着物の柄の、朝顔が絡まる竹の垣根の間から、水辺の景色が見える…そんなイメージで、濃い藍地に細めの縞を何種類か取り混ぜて織り込みました。


藍と白の世界に、古い陶器のかけらの帯留めと竹のバックがリズムを作って、日本のどこかの可愛いお庭で涼んでいるような景色が浮かんできました。クールな中にほのかに可愛らしさが香るコーディネート♡


心からとっても幸せなお仕事でした!





COMMENT









Trackback URL
http://blog.textile-cocoon.com/trackback/1268858
TRACKBACK