染織家 西川 はるえ の日記
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
hidden red


madder
taken with a KDDI-CA CA004



染液を取るため煮出したインド茜(根っこ)の出涸らし

煎じているうちに中から赤い色素が沁み出して

インド茜そのものも真っ赤になります





どこにこんなに赤が隠れてたんだろう?





煎じる前のインド茜→










人気ブログランキングへ
応援クリックありがとうございます

ランキング参加中 糸へん連合(?)

●染色家 仁平幸春氏
http://blog.foglia.jp/

●和裁師 山本秀司氏
http://blog.yamamoto-kimono.jp/

●仁平さんの工房で修行中 凡ちゃん
http://295-nst.cocolog-nifty.com/blog/

●きものビジネスコンサルタント 石崎功氏
http://kimono-kdc.cocolog-nifty.com/blog/





webshop COCOON
webshop COCOON


ヘンプの糸


All natural color hemp
(携帯からの写真)


よい天気が続いているので糸をどんどん洗って(精錬)しています。


写真は精錬してさっぱり綺麗になったヘンプの糸
どれも染めていない、素のままの色ですがこれだけ色とりどりです。

これらの糸を帯用、小物用、経糸用、緯糸用、染め用、生成り用、、とわけていきます。

同時進行で、染め糸の呉汁処理もしています。
乾燥して、気温も低くて呉汁も腐りにくい今の時期にまとめてやっておきます!





ネパール産の手紡ぎのヘンプ糸はこちらで販売しています!
http://www.shop-cocoon.com/product-list/6








webshop COCOON
webshop COCOON
会員登録すると5%OFF !





JUGEMテーマ:handmade


JUGEMテーマ:着物 きもの


インド茜染 & 臭木染め 修了!
10日程かかって糸が染まりました!




臭木染め真綿糸(絹)
左=実染め 右=ガク染め
臭木染




インド茜染アロー(刺草)糸
インド茜染




今回ははじめて

おはるの染めライブ on Twitter
#somelive on Twitter

なんてことをしてみました。


作業をしながら写真を撮って、リアルタイムでネットにあげていったら
面白そう〜〜!と、気軽に始めたのですが。。

最初は画像も文章も携帯からのアップロード、
これは楽勝楽勝と思っていました、が、
ふと、パケット料金のことを考えたら、
うわっこれはマズイ、無理だああ〜!!と気づき、
急遽デジ一撮影のPCからのアップロードに変更。
これが思った以上に大変でした。


最後の方はちょっと息切れしてしまった染めライブ中継でしたが
結構見てくださった方もいたようで嬉しいです。
ありがとうございます!



1色の色を染めるのに、結構時間と手間がかかること、
リアルタイムで見ていただいた方にはより実感として
おわかりいただけたかな?なんて思っています。







JUGEMテーマ:アート・デザイン


バロック・パール


臭木の実


臭木の実。
バロックなパールみたいな質感、
とても好きです。
このままの色と形で存在しつづけてくれたらいいのになあ...
パールや石みたいに。



今日の、午後からは染めの作業に入れると思います。

またTwitterで実況予定ですのでぜひどうぞ!


おはるの染めライブ!
#somelive on Twitter







JUGEMテーマ:アート・デザイン


染めライブ!on Twitter


媒染中


只今Twitterにてアロー糸のインド茜染め(プラス臭木の収穫選別)の
一人ライブ中継をしています。

よかったらこちら覗いてみてください。


おはるの染めライブ!
#somelive on Twitter






JUGEMテーマ:アート・デザイン


まっかっかっか その2


インド茜

インド茜、染液抽出中
(写真は一昨日)

こちらもまっかっかに染められますよう。




JUGEMテーマ:アート・デザイン


試織


試織


試織中


湯のし


以前、仕立ての山本親方から
スチームのあて方のコツを教えていただき、
自分での仕上げもだいぶ良くなってきたかな、
と思いつつ限界も感じていました。

最後の仕上げまで自分でやることで
自分の手癖や糸の選び方の善し悪しなどよくわかるので、
本当は自分で完璧にこなせればいいのですが
時間と仕上がりの兼ね合いもあって悩むところだったのです。


横須賀市内で湯のしをやっているところがないか
調べてあちこちのお店に電話して、
ようやく外注ではなくご自分のところで
湯のしをしていらっしゃるお店に辿り着きました。
先週帯と染めた帯揚げを持って伺って
今日受け取りに行ってきました。
今回は機械湯のしではなく、昔ながらの手湯のしで。


やっぱり布の仕上がり、違います。
ぴしっと布目が整いつつ
ふっくらつやつやいい風合いに。


小物類の仕上げは自分でやるにしても
帯などはこれからもお願いしよう。

タイムロス也


琉球藍で染めたヘンプの糸のカセを木管に巻いていたら、
途中で糸が急に3本取りに。
たまにこういう訳のわからんカセが混じっていることがあります(汗
カセの状態で見ただけではわからないのでやっかいです。


ここ2年程はネパールの家で必ず糸を巻き返して
カセを作ってもらっているので
それ以降に仕入れた糸にはこういうことはないのですが
今回のはそれより前に仕入れて琉球藍で2年越しで染めた糸。
糸は細くてスムースで上等なのですが。


仕方がないので3本のうち一本の糸は木管に巻き、
残りの2本も二つの枠を使って同時に少しづつ巻いていく。
こんな時手がもう5、6本欲しくなります。
えらいタイムロス、、


残りの3カセは普通であってください、お願い〜〜(涙

経糸





機織り機、経糸